ロペテギ、スペインがW杯優勝候補との声を一蹴「チリやイタリアの例を見てくれ」

コメント()
スペイン代表指揮官に慢心なし

スペイン代表を率いるフレン・ロペテギ監督は、今年6月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)に向け、気を引き締めている。

2014年のブラジルW杯で惨敗したスペインは、チームの刷新を図るために監督交代を決断。ビセンテ・デル・ボスケ前監督からロペテギ監督に代わり、同監督指揮下で16試合12勝4分けと無敗を維持している。

ロペテギ監督は、スペイン『マルカ』のインタビューで次のように話した。

「スペインが優勝候補? 私はそんなことを考えるのに1秒たりとも費やさない。1-0で試合を始められるのであれば、優勝候補であることを受け入れるけれどね。だが実際はそうではない。なので、周囲の声など私には関係ない」

「W杯に映画は用意されていない。すべて勝ち取るものだ。大会の前後に何を言われていても、それに価値はない。ボールが走り出したところで、何をするかだ」

「いろいろな意見があるだろう。しかし、ユニフォームや胸の星が勝利をもたらすわけではない。チリやイタリアの例を見てくれ。フットボールは周囲の意見ではなく、ピッチ上での体現によって、判断が下されるんだよ」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
インテル、レアル戦でメッシを欠くバルサ…指揮官「重大なもの。対処しなければ」」
次の記事:
柴崎岳、ダービーで開幕戦以来8試合ぶりに先発のチャンス?サイドでの起用か
次の記事:
2戦連続先発も…英メディアは武藤嘉紀を辛辣評価「インパクトを残せなかった」
次の記事:
プレミア9試合7勝2分はリヴァプール優勝へのサイン?クロップ「悪くないね!」
次の記事:
アトレティコ、苦手ビジャレアル戦をドローで終える…報われない“世界最高GK”オブラクが超絶セーブ5連発/リーガ第9節
閉じる