“ロベリー”の去就は不透明のまま…バイエルンCEO「2人はここでプレーを続けることを希望」

最終更新
コメント()
Getty Images
バイエルンの攻撃陣をけん引してきたリベリ&ロッベン。いずれもクラブとの契約は今シーズンいっぱいで満了となるが…。

34歳のベテランアタッカーたちのバイエルン・ミュンヘンでの去就に注目が集まっている。バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが元フランス代表MFフランク・リベリ、元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの未来について言及した。

公式戦通算376試合116ゴール(リベリ)、283試合137ゴール(ロッベン)と長年バイエルンの攻撃陣を支えてきた“ロベリー”と呼ばれる2人だが、クラブとの契約は今夏に満了を迎える。年齢のこともあり、世代交代を求める声も上がる一方、彼らは今シーズンもバイエルンで存在感を示している。

そんな状況に置かれる2人だが、ルンメニゲCEOは次のように明かしている。ドイツ『シュポルト1』がコメントを伝えた。

「彼らとは4月に話し合う予定だ。そこから様子を見ていこうと考えている。我々は来シーズンに向けたスクワッド構成を慎重に進めていかなければいけない。2人ともバイエルンでプレーし続けることを望んでいるのは把握している」

ルンメニゲCEOは、それぞれの契約延長に関する具体的なコメントを避けている様子。1人とは延長に至り、“ロベリー”が今シーズン限りで解散となる可能性も考えられるのだろうか。

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
宇佐美貴史がCKから2ゴールを演出!4試合ぶり白星に大きく貢献
次の記事:
浅野&原口先発のハノーファー、バイエルンに手も足も出ず…4失点完敗
次の記事:
鹿島MF永木亮太、強気の姿勢でレアル・マドリー戦へ「優勝を目指しているので絶対勝ちたい」
次の記事:
鹿島の大岩監督、レアル・マドリー撃破へ意気込む「リベンジ。応援を力に変えてマドリーに立ち向かう」
次の記事:
2年越しのリベンジなるか?鹿島、準決勝でレアル・マドリーと激突!16年決勝では延長の死闘
閉じる