ロシアW杯最後の1枠はペルーに!ホームでの第2戦でニュージーランドを下す/ロシアW杯大陸間プレーオフ

コメント()
(C)Getty Images

 

■ペルー 2-0 ニュージーランド

ペルー:ファルファン(27分)、ラモス(65分)
ニュージーランド:なし

ロシア・ワールドカップ大陸間プレーオフ第2戦が15日に行われ、南米代表のペルーとオセアニア代表のニュージーランドが対戦。ホームのペルーが2-0で勝利し、W杯最後の1枠を掴み取った。

第1戦はスコアレスドローに終わっていた両者の対戦。エースのゲレーロを出場停止で欠くペルーだが、ファルファンらその他の主力選手は先発出場を果たした。一方敵地に乗り込んだニュージーランドは、クリス・ウッドのコンディションが整わずにベンチスタートとなった。

試合は27分、ファルファンがゴールを挙げ、第1戦から続いていた均衡を破る。ゴールを決めたファルファンは、ここまでチームを牽引しながらも薬物検査の「異常な結果」により、出場停止となったゲレーロのユニフォームを掲げている。

先制したペルーは、その後も攻勢を仕掛けると、65分にラモスが追加点。2点のリードを得ると、ホームサポーターの大歓声を受け、最後までゴールを割らせず。W杯最後の1枠を掴み取った。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
“不協和音”響くアーセナルが宿敵チェルシーとの大一番へ…注目のエジル起用はあるのか?
次の記事:
モウリーニョの片腕ルイ・ファリアが中東レフウィヤSCで再出発…中島翔哉に関心との報道も
次の記事:
「トップ4のために負けられない」ダービーを前に、エメリが勝ち点3奪取を誓う
次の記事:
グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」
次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
閉じる