ロシアW杯グループリーグ組み合わせ抽選会…日時、視聴方法、結果は?

コメント()
(C)Getty Images
現地時間12月1日にロシアW杯の組み合わせ抽選会が行われる。

2018FIFAワールドカップ ロシアの組み合わせ抽選会が現地時間12月1日、ロシアの首都モスクワにあるコンサートホール、クレムリンパレスで行われた。この模様は日本時間12月1日24時5分から25時30分まで、NHKで放送された。

この抽選会で司会を務めたのは、名古屋グランパスエイト(現グランパス)でもプレーした、元イングランド代表のゲーリー・リネカー氏。クジを引くドロワーは、セレッソ大阪でプレーした元ウルグアイ代表のフォルラン氏のほか、ローラン・ブラン氏(元フランス体表)、ゴードン・バンクス氏(元イングランド代表)、カフー氏(元ブラジル代表)、カンナバーロ氏(元イタリア代表)、マラドーナ氏(元アルゼンチン代表)、プジョル氏(元スペイン代表)、ニキータ・シモニヤン氏(元ソ連代表)が務めた。

出場32カ国は8チームずつ、4つのポッドに分けられるが、このポット分けは、10月に発表されたFIFAランキングを参考とし、原則上位から8チームずつ、4つのグループに分けられる。なお、FIFAランキング8位までの国は全て出場権を獲得しているが、ポット1には開催国のロシアが入るため、8位のスペインはポット2に入る。

抽選はポットごとに行われ、そのポットのどのチームがA~Hのグループに入るかを決める。44位の日本はポット4。アジアでは唯一、34位のイランが、ポット3に入っている。ただし、ヨーロッパを除き、同一地域の国は同じグループには入らない(ヨーロッパも2まで)というレギュレーションがあるため、日本がイランと同じグループになることはない。

■ロシアW杯グループリーグ組み合わせ抽選のポット分け

・ポット1
ロシア(開催国)
ドイツ
ブラジル
ポルトガル
アルゼンチン
ベルギー
ポーランド
フランス

・ポット2
スペイン
ペルー
スイス
イングランド
コロンビア
メキシコ
ウルグアイ
クロアチア

・ポット3
デンマーク
アイスランド
コスタリカ
スウェーデン
チュニジア
エジプト
セネガル
イラン

・ポット4
セルビア
ナイジェリア
オーストラリア
日本
モロッコ
パナマ
韓国
サウジアラビア

■ロシアW杯グループリーグ組み合わせ抽選の結果

6大会連続のW杯出場を果たした日本代表はグループH。同組にはポーランド、セネガル、コロンビアが入った。また、前回王者のドイツはグループFで、メキシコ、スウェーデン、韓国と同組となった。

グループAの組み合わせ抽選結果

ロシア(開催国)、サウジアラビア、エジプト、ウルグアイ

ロシアW杯グループA

グループBの組み合わせ抽選結果

ポルトガル、スペイン、モロッコ、イラン

ロシアW杯グループB

グループCの組み合わせ抽選結果

フランス、オーストラリア、ペルー、デンマーク

ロシアW杯グループC

グループDの組み合わせ抽選結果

アルゼンチン、アイスランド、クロアチア、ナイジェリア

ロシアW杯グループD

グループEの組み合わせ抽選結果

ブラジル、スイス、コスタリカ、セルビア

ロシアW杯グループE

グループFの組み合わせ抽選結果

ドイツ、メキシコ、スウェーデン、韓国

ロシアW杯グループF

グループGの組み合わせ抽選結果

ベルギー、パナマ、チュニジア、イングランド

ロシアW杯グループG

グループHの組み合わせ抽選結果

ポーランド、セネガル、コロンビア、日本

ロシアW杯グループH

 

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
遠藤航が語る、求める理想と勝つための臨機応変な戦い方「ボールを持って戦わなければいけないというプライドはない」
次の記事:
元伊代表DFが“ユーヴェのC・ロナウド”を分析「レアルのCR7ではないが…」
次の記事:
「勝つ、次に進むことがすごく大事」酒井宏樹が苦しみながらのサウジ戦勝利を評価
次の記事:
「前線にとって楽しい試合ではなかったけれど…」武藤嘉紀、守備に奔走もサウジ戦の勝利に満足
次の記事:
防戦一方、サウジの息の根を止められなかった日本。問われる森保監督のマネジメント
閉じる