ロシアW杯グループリーグ組み合わせ抽選会…レギュレーションと見どころは?

コメント()
(C)Getty Images
12月1日にロシアW杯の組み合わせ抽選会が行われる。

2018FIFAワールドカップ ロシアのグループリーグ組み合わせ抽選会が現地時間12月1日、ロシアの首都モスクワにあるコンサートホール、クレムリンパレスで行われる。

グループリーグの抽選では、各グループの実力を均衡させるため、出場32カ国を8チームずつ、4つのポットに分ける措置が取られる。このポット分けは、10月に発表されたFIFAランキングを参考とし、原則上位から8チームずつ、4つのグループに分けられる。なお、FIFAランキング8位までの国は全て出場権を獲得しているが、ポット1には開催国のロシアが入るため、8位のスペインはポット2に入る。

抽選はポットごとに行われ、A~Hのグループには、ポット1~4から各1チームずつが振り分けられる。44位の日本はポット4。アジアでは唯一、34位のイランが、ポット3に入っている。ただし、ヨーロッパを除き、同一地域の国は同じグループには入らない(ヨーロッパも2まで)というレギュレーションがあるため、日本がイランと同じグループになることはない。

日本代表がどのグループに入り、どのチームと対戦するかは当然注目すべきポイントだが、そのほかではやはり、ポット2に振り分けられたスペインが、どのグループに振り分けられかが見どころとなる。

■ロシアW杯グループリーグ組み合わせ抽選のポット分け

・ポット1
ロシア(開催国)
ドイツ
ブラジル
ポルトガル
アルゼンチン
ベルギー
ポーランド
フランス

・ポット2
スペイン
ペルー
スイス
イングランド
コロンビア
メキシコ
ウルグアイ
クロアチア

・ポット3
デンマーク
アイスランド
コスタリカ
スウェーデン
チュニジア
エジプト
セネガル
イラン

・ポット4
セルビア
ナイジェリア
オーストラリア
日本
モロッコ
パナマ
韓国
サウジアラビア

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
モラタ、アトレティコ入りに同意…移籍実現へ残る障壁は?
次の記事:
“不協和音”響くアーセナルが宿敵チェルシーとの大一番へ…注目のエジル起用はあるのか?
次の記事:
モウリーニョの片腕ルイ・ファリアが中東レフウィヤSCで再出発…中島翔哉に関心との報道も
次の記事:
「トップ4のために負けられない」ダービーを前に、エメリが勝ち点3奪取を誓う
次の記事:
グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」
閉じる