ニュース ライブスコア
オーストラリア

ロシアW杯のオーストラリア代表主将、ジェディナクが代表引退「誇り高い」

15:02 JST 2018/10/02
2018_10_2_Jedinak
ミル・ジェディナクがオーストラリア代表から引退した。

アストン・ヴィラに所属するMFミル・ジェディナク(34)がオーストラリア代表から引退することを表明した。

2008年にオーストラリア代表としてジェディナクは、これまでに同国代表として79試合に出場し、20得点を記録。ワールドカップでは2010年の南アフリカ大会から3大会連続でプレーした。また、2015年にはアジアカップ制覇に貢献。そして、今夏に開催されたロシア・ワールドカップでは、主将としてオーストラリア代表を率いた。

ジェディナクは自身の『インスタグラム』で代表引退について、「多くのことを考えた結果、代表から引退することに決めた。オーストラリア代表としてプレーすることは幼いころからの夢だった。その夢が叶っただけでなく、79試合に出場できて、キャプテンも務めることができた。信じられないくらい誇り高い気持ちだし、感謝の思いだ」とコメントし、周囲へのサポートに感謝した。

また、ジェディナクは代表引退理由の一つとして、「クラブでのフットボールに集中すること、そしてその旅をできるだけ長くするために、この時期が正しいと思う」とコメント。クラブでのプレーに集中するためだとしている。