レヴァンドフスキ、代理人がレアル・マドリーに売り込みか...キャリア終盤に大型契約を希望

最終更新
コメント()
Getty Images
レアル・マドリーはトップクラスのFWを探す

バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキが、レアル・マドリー移籍を望んでいるという。スペイン『マルカ』が報じた。

これまで幾度となくマドリー移籍の可能性が取りざたされてきたレヴァンドフスキ。マドリーは今夏のFW獲得を真剣に検討しており、レヴァンドフスキは補強の有力候補だ。

チェザリー・クチャルスキ代理人とマドリー首脳陣は旧知の仲だ。バイエルンと2021年までの契約を結んでいるレヴァンドフスキだが、キャリアの終盤に差し掛かり大型契約締結を希望しているとされ、クチャルスキ代理人はマドリーに売り込みをかけたという。

レヴァンドフスキは今季ここまで公式戦25得点を記録している。今年8月21日に30歳を迎えるが、得点感覚はまったく衰えていない。FWカリム・ベンゼマの競争相手はレヴァンドフスキになるのだろうか。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
レアル周辺はCWC前に悲観論漂う…スペインメディア「このチームにはうんざり」「誰にも恐怖与えられない」
次の記事:
レアル・マドリー、CWCに向けて意気込む…監督ソラーリ「サポーターが大きな期待を抱える大会」
次の記事:
29年ぶり悲願のリーグ制覇へ…リヴァプール主将は自信「優勝する準備はできている」
次の記事:
モウリーニョ、“リヴァプールの核”サラーへ警戒感「チェルシーでは適応できなかったが今では…」
次の記事:
鹿島と激突するレアル・マドリー、強力なCWCメンバー発表…負傷伝えられたベンゼマも搭乗
閉じる