ニュース ライブスコア
セリエA

レンタル中の長友佑都はやはり夏に移籍へ?インテルが新たな左SB獲得を検討

11:55 JST 2018/02/28
2017-10-21-nagatomo
インテルは、新たな左サイドバックの獲得に動いているようだ。ユヴェントスのクワドゥオ・アサモアに関心を示しているという。

日本代表DF長友佑都は、今夏完全移籍でインテルを離れる可能性が高まっているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

1月のマーケットで、7年過ごしたインテルから今季限りの期限付き移籍でガラタサライに加入した長友。トルコでは、加入から5試合連続で出場するなど指揮官の信頼を掴み、そのパフォーマンスやプロ意識の高さから同国メディアが何度も特集を組むなど、地位を確立している。

ガラタサライで充実の時を過ごす日本代表DFだが、選手代理人はレンタル期間終了後にインテルに戻ることを明言している。

しかし、ネラッズーリには居場所がなくなってしまうのかもしれない。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、インテルはユヴェントスMFクワドゥオ・アサモア獲得に動いているという。様々なポジションでプレー可能なガーナ代表だが、インテルは左サイドバックでの起用を考えているようだ。

アサモアが加入することになれば、長友を売却する可能性が高いという。31歳のDFにはプレミアリーグのクラブが関心を示しており、中でもウェストハムが熱心に動いているようだ。

インテルへの愛を強調してきた長友だが、夏には完全移籍でクラブを離れることになるのかもしれない。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう