レスターFWにベジクタシュ行きの話が急浮上…岡崎慎司のポジション争いに影響か

コメント
トルコの強豪ベジクタシュが、レスターFWスリマニ獲得に向けて動いていると報じられた。スリマニが退団となれば、岡崎のポジション争いにも影響を及ぼすことになりそうだが、果たして……。

レスターに所属するアルジェリア代表FWイスラム・スリマニを獲得すべく、今冬の移籍市場でベジクタシュが動いているとトルコメディア『ntvspor』が報じている。

ベジクタシュはトルコリーグで第17節まで8勝6分け3敗のリーグ4位に付けている。今冬の移籍市場でトルコ代表FWジェンク・トスンの退団が確実視されており、その穴埋め役としてスリマニに関心を示しているようだ。

スリマニは今シーズン、レスターで出場機会に恵まれていなかったが、年明け1日に行われたハダースフィールド戦で岡崎慎司とともに先発出場。この試合でリーグ戦今季初ゴール(12試合1ゴール)を記録していた。

レスターは岡崎のほかにジェイミー・バーディー、レオナルド・ウジョア、ケレチ・イヘアナチョ、アーメド・ムサがFWとして在籍している。もし、スリマニが今冬退団となれば、岡崎の出場機会にも影響を及ぼすことになりそうだ。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ヴェンゲル氏、エジルは「ドイツに必要な選手」と強調…代表引退については「好ましくない」
次の記事:
現役引退の悪童カッサーノ、名言集に長友佑都とのエピソードも「彼はどうせ怒らない」
次の記事:
香川真司、足首の問題で次節のメンバー入りは「微妙」…地元紙がドルト負傷者状況を総括
次の記事:
「静かにそのときを待つ」リヴァプールMFファビーニョが明かす新天地での日々/独占インタビュー
次の記事:
逆転勝利のフランス、マテュイディはドイツの問題点を指摘「僕らにはあるけど彼らには…」
閉じる