レスター岡崎慎司、バス爆破事件で危険を実感「今までだったらあり得ない話」

コメント()
ドルトムントでのバス爆破事件の翌日に試合を戦ったレスターFW岡崎。直接的な影響はなかったとしながら、危険と隣り合わせであることを再確認したようだ。

レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は、ドルトムントで起きた事件で危険と隣り合わせであることを改めて実感したと話している。

11日、ドルトムント対モナコの一戦を前に、ドルトムントのチームバスが襲撃され、DFマルク・バルトラがケガをした。試合も翌日に延期となり、サッカー界に激震が走っている。

事件の翌日にピッチへと立った岡崎は、警備が厳重になったことやUEFA(欧州サッカー連盟)から何か伝えられたことは「特にない」としながらも、恐怖を感じていたという。

「影響はまったくないですけど、本当に怖いなと思います。選手が一人ケガをしているというのは今までないじゃないですか。骨折だから重傷ですしね。今までだったらあり得ない話だなと思います。でも現実的にサッカーチームにそういうことが起きる。CLとか大きい大会になると狙われますし、ブラジル・ワールドカップのときも危ないと言われたじゃないですか。そういう意味では本当に危険と隣り合わせだなと感じましたけどね」

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
監督デビュー控えるアンリ、低迷モナコで気を吐くファルカオを称賛「カリスマ的リーダー」
次の記事:
連敗脱出の名古屋、風間監督「システムありきじゃなくて、選手ありきでやっていきたい」
次の記事:
【動画】名古屋が連敗脱出!ジョー弾で柏に完封勝ち…残留争いはより混戦模様に/J1第30節
次の記事:
元インテルFWミリート氏、均衡したミラノダービーを予想「集中力と根性が必要」
次の記事:
ルヴァン杯決勝の国歌斉唱歌手が水曜日のカンパネラ コムアイに決定!
閉じる