レアル・マドリー、現時点でC・ロナウドの契約延長を考えず...わずか14カ月前に契約更新

コメント()
Getty Images
リーガ第19節終了時点で首位バルセロナに勝ち点19差をつけられ4位に位置するマドリー

レアル・マドリーは、現時点でFWクリスティアーノ・ロナウドの契約延長を考えていないようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

2016年11月にマドリーと2021年までの契約延長を行ったC・ロナウド。「今は契約延長のタイミングではない。昨年夏も同様だった」これがレアル・マドリー関係者の見解だとされる。マドリーはC・ロナウドを依然として高く評価しているが、現在のチーム状況などから顧みて、契約更新の交渉を進めるべきではないと判断している。

一方、バルセロナは昨年11月にFWリオネル・メッシの契約延長で発表した。メッシは新契約で高額なサラリーを受け取ることになったといわれている。また、昨年の夏にパリ・サンジェルマンに移籍したFWネイマールも、新天地でC・ロナウド以上の年俸を受け取っているとみられる。

マドリー(未消化1試合)はリーガエスパニョーラ第19節終了時点、首位バルセロナに勝ち点19差をつけられ、4位に位置している。クラブは選手個々の主張に耳を傾けるのではなく、全体のことを見る必要があると考えている様子だ。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
韓国メディアが日本の主将・吉田麻也を称賛「貫禄のプレー。その存在感が一層明らかになった」
次の記事:
「この移籍にも運命を感じている」。山中亮輔、赤いユニフォームをまとう決意
次の記事:
ハダースフィールドが新監督の就任を発表…36歳のドイツ人指揮官の下でPL残留を目指す
次の記事:
AFC規律委員会が北朝鮮代表に約143万円の罰金処分…出場国最多の警告&退場を記録
次の記事:
元伊代表DFが円熟期を迎えたキエッリーニに賛辞「美味いワインのようなトラクター」
閉じる