レアル・マドリー、カタルーニャ州で開催されるジローナ戦前に厳戒態勢

コメント()
公式バスの使用を控えることに

カタルーニャ州で開催される試合に向け、レアル・マドリーはセキュリティに万全の体制を整えようとしている。スペイン『マルカ』が報じた。

現在スペインでは中央政府とカタルーニャ州政府が激しく対立している。この状況で、レアル・マドリーは29日のリーガエスパニョーラ第10節、敵地モンティリビでジローナと対戦する。

「アンチ・マドリー」が数多く存在するカタルーニャ州に、レアル・マドリーが乗り込む。クラブ内では「計り知れない不確実性」を危惧する声が上がっており、ある決断が下された様子だ。

広告

それはクラブ公式バスの不使用である。これには2つの理由がある。ひとつ目は、セキュリティの問題だ。2メートル以上のエンブレムが張り付けられているバスをカタルーニャ州で使用すれば、アンチを過度に刺激することになりかねない。関係者は「クラシコでも使用を控えている」とその事情を明かしている。

そして、もうひとつは業務上の問題である。クラブは来週のミッドウィークに行われるチャンピオンズリーグ・グループH第4節トッテナム戦(アウェー)に向け公式バスの使用を検討している。担当者はロンドンへの移動を配慮して、ジローナ戦前の使用を回避する考えだ。

一方で、この試合の警備にあたるカタルーニャ州警察は、現時点でバルセロナと同じ待遇をレアル・マドリーにすることを約束しているようだ。

次の記事:
バルセロナの哲学を壊しているのはGM?スカウティングの条件に“高身長”が含まれている模様
次の記事:
U-19日本代表タイを下し2連勝!U-20W杯出場を懸けた準々決勝へ進出
次の記事:
バルダーノ氏「レアルはC・ロナウド退団を冗談として受け止めた。監督代えても点取り屋はいない」
次の記事:
バイエルンOBのブライトナー氏、“怒りの会見”に失望「落胆している。想像できなかった」
次の記事:
イスコ「C・ロナウド?レアルにいたくなかった誰かのことで泣いてもしょうがない」
閉じる