レアル・マドリーの次期監督はポチェッティーノか…「来季に向けすでに接触」とも

コメント()
リーガで苦戦を強いられ、コパ・デル・レイでも早期敗退を喫したジダン監督は、指揮官の座が危うい状況となっている。英紙は、その代案がポチェッティーノとなっていると報じた。

リーガ・エスパニョーラで勝ち点の取りこぼしが続くレアル・マドリーが、次期監督としてトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ招へいに向けて動いているようだ。

イギリスメディア『デイリー・メール』は、「リーガでバルセロナから後れを取っているレアル・マドリーは、ジネディーヌ・ジダンの後任としてポチェッティーノに関心を示しており、来季からの招へいを目指してトッテナム側とコンタクトを取っている」と報じた。

日本時間27日時点で、ジダン監督率いるレアル・マドリーは現在4位(勝ち点35)。首位バルセロナ(勝ち点54)から勝ち点差19も離されており、リーガの連覇は絶望的な状況となっている。

レアル・マドリーは昨年末に行われたホームでのバルセロナ戦で0-3の大敗を喫し、年明けのビジャレアル戦は0-1で落としている。コパ・デル・レイでも早期敗退を喫していた。そこでレアル・マドリー首脳陣はジダンの代案として、トッテナムで近年進境著しいポチェッティーノの招へいを目指している模様。

今シーズンのチャンピオンズリーグでは、レアル・マドリーとトッテナムは同組となったが、トッテナムが1勝1分けでグループリーグ首位の座を勝ち取っている。ジダンを今季限りで見切り、新監督としてポチェッティーノを招くというシナリオも、十分に現実的なものとなっているようだ。

次の記事:
「日本のメッシ」堂安律にイタリアからも熱視線「素早い加速に戦意失わせるシュート」
次の記事:
大不振のレアル・マドリーがロペテギを更迭か…コンテが最有力と伊メディア
次の記事:
最下位長崎の高木琢也監督、磐田との直接対決で痛恨ドローに「申し訳ないという気持ち」
次の記事:
白熱の戦い…長崎vs磐田の残留に向けたシックスポインターは痛み分け/J1第30節
次の記事:
「リヴァプールを見習うべき」レジェンドがマンチェスター・U攻撃陣に厳しい要求
閉じる