レアル・マドリーの不調の原因とは...失われた団結力、決定力不足、フィジカル低下

コメント()
来月にはパリ・サンジェルマンとの一戦を控える

不振に陥っているレアル・マドリーだが、クラブ内部ではその分析が行われているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

「初めてマドリーが優っていると感じた」。これは今季のスペイン・スーパーカップを終えた直後、バルセロナDFジェラール・ピケが放った言葉だ。

しかし、あれから3カ月が経ち、立場は逆転している。首位バルセロナと4位レアル・マドリー(未消化1試合)の勝ち点差は16ポイントまで開き、マドリーのリーガエスパニョーラ連覇は絶望的な状況だ。

昨季リーガ優勝とチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成したチームに、何が起きたのか。マドリー内部ではすでに分析が行われており、団結力が失われたこと、フィジカルコンディションの低下、決定力不足、野心の衰え、主力と控え選手の出場時間差が原因だと考えられている。

また、マドリーはCL決勝トーナメント1回戦でパリ・サンジェルマンと激突する。2月14日に行われるファーストレグまでに何らかの解決策を見いださければ...。マドリーが窮地に立たされている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「日本のメッシ」堂安律にイタリアからも熱視線「素早い加速に戦意失わせるシュート」
次の記事:
大不振のレアル・マドリーがロペテギを更迭か…コンテが最有力と伊メディア
次の記事:
最下位長崎の高木琢也監督、磐田との直接対決で痛恨ドローに「申し訳ないという気持ち」
次の記事:
白熱の戦い…長崎vs磐田の残留に向けたシックスポインターは痛み分け/J1第30節
次の記事:
「リヴァプールを見習うべき」レジェンドがマンチェスター・U攻撃陣に厳しい要求
閉じる