ニュース ライブスコア
コパ・リベルタドーレス

レアル・マドリーがリーベルの20歳MFに関心…冬加入なら久保建英の来夏去就にも影響?

18:10 JST 2019/10/01
Exequiel Palacios River
レアル・マドリーがアルゼンチン代表、20歳のパラシオスに関心を示しているという。ポジションが競合するうえ、EU枠の問題もあり、移籍実現なら久保建英の立場にも影響を及ぼしそうだが果たして……。

レアル・マドリーが、南米屈指の攻撃的MFに関心を示している。

リーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオスが、レアル・マドリーのターゲットとして浮上しており、冬の移籍市場でスペインへと新天地を求める可能性があるという。『Goal』記者の取材で分かった。

リーベル・プレートのレジェンドであるエンソ・フランチェスコリ氏は「個人的に(フロレンティーノ)ペレス会長に会って話したことは確かだ。サンティアゴ・ベルナベウでパラシオスがプレーするとしたら、それは私にとっても楽しみなことだ。ただ、この動きは順調に進んでいるし、将来的には移籍が実現するかもしれないね」と発言。後輩パラシオスのレアル・マドリー行きについて可能性があると示唆している。

1998年生まれ、現在20歳のパラシオスはリーベルの下部組織育ちで、2015年にトップデビュー。近年はトップチームで一気に評価を高め、2018年にはアルゼンチンのフル代表としてもデビューを果たした。2019年2月から骨折により長期離脱していたが、今季は復調しここまでパラシオスはリーグ戦8試合に出場。9月のインターナショナルウィークではアルゼンチンvsメキシコの一戦で攻撃的MFとして先発出場を果たし、メキシコを4-0で下す原動力となっていた。

また、レアル・マドリーはマジョルカの日本代表MF久保建英の保有権を持っており、同選手は19-20シーズン終了後にベルナベウへと帰還する予定になっている。

パラシオスは10番タイプのプレーヤーであるうえ、EU枠外の問題もある。パラシオスがもしレアル・マドリーに加入することになると、久保の来季去就に少なからず影響を及ぼすことになるかもしれない。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です