ルーカスとベン・アルファは今冬PSGを退団へ…構想外でエメリ監督が放出を容認

コメント()
Getty Images
パリSGに在籍しているルーカスとベン・アルファは、クラブで構想外になっている。指揮官は両選手の移籍を容認していると現地メディアで報じられた。

フランスメディア『レキップ』が報じたところによると、パリ・サンジェルマンのブラジル代表MFルーカス、フランス代表MFハテム・ベン・アルファは、今冬の移籍市場でチームを去る可能性が高まっているようだ。

報道では、ウナイ・エメリ監督は2選手を構想外と見なしており、今冬の移籍市場での退団を容認しているという。同メディアはエメリ監督の言葉「ルーカスやベン・アルファは、ここにいても出場機会がない」とのコメントを紹介している。

ルーカスは今シーズン、ここまで6試合に出場し、1ゴール1アシスト。一方でベン・アルファは出場機会に恵まれていなかった。

その一方で、昨夏大型補強を敢行したパリSGはファイナンシャル・フェアプレーの面での問題も浮上しつつあり、今後数カ月で8000万ユーロ(約105億円)以上もの利益を生み出す必要があると指摘する声も。そのため、他にも余剰戦力となっているハビエル・パストーレやケヴィン・トラップらもオファーを受け次第、売却される見通しにあるようだ。

巨額の資金を投じ、2017年夏にビッグネームを乱獲したパリSGだが、ここにきてそのしわ寄せも生じているようだ。

▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる