リーグ・アンダービー戦で暴動発生…発端となったリヨン主将フェキルは謝罪拒否

コメント()
Gettyimages
リヨン主将FWナビル・フェキルのパフォーマンスに激怒したサンテティエンヌファンが、ピッチに侵入。試合は30分中断することに。

リーグ・アンは5日に12節の試合が行われ、リヨンはサンテティエンヌに5-0で大勝した。この試合中、サポーターがピッチに侵入する騒ぎが起こり、30分間中断する事件が発生している。

フランスのローヌ=アルプ地域圏に本拠地を置く両チームによるダービーマッチは、敵地に乗り込んだリヨンが圧倒的な攻撃力を見せ、65分までに4-0とリードを広げる。

広告

すると84分に事件が発生。リヨン主将FWナビル・フェキルが5点目を奪うと、ユニフォームを脱いで観衆に見せつけるパフォーマンスを披露した。昨季の“クラシコ”でバルセロナFWリオネル・メッシが見せたようなこのパフォーマンスに、サンテティエンヌファンが激怒。ピッチ内に侵入するなど暴れまわり、警備兵が押さえに走るなど騒然とした雰囲気で、試合は30分間中断することとなった。

リーグの代表団と審判、両チームの指揮官による話し合いの末、騒動から30分後に試合は再開された。スコアはそのまま動かず、リヨンが勝利している。

試合後、発端となったフェキルは『Canal +』に対し、「彼らはこのパフォーマンスが好きじゃないみたいだね。悪い意味はないよ。まぁやるべきではなかったかもしれないね。ちょっと動揺していた。謝罪? このジェスチャーには後悔してないよ」と、謝罪を拒否している。

次の記事:
“悪童”バロテッリと酒井宏がチームメイトに! マルセイユが獲得を公式発表
次の記事:
ユヴェントス、ダルミアン獲得は断念か…カギとなる25歳MFが退団を拒否
次の記事:
搭乗飛行機行方不明のサラに元ナント指揮官ラニエリが祈り「サッカー界が団結するとき」
次の記事:
柴崎岳、準々決勝で対戦するベトナムを警戒「ここまで上がってくるだけの力がある」
次の記事:
「チャレンジャー精神で臨む」森保監督、ベトナム代表を高評価。「明日も厳しい試合になる」
閉じる