リヴァプール、クラブ史上最高額の移籍金でケイタ獲得を決めた模様…加入は2018年夏

最終更新
コメント()
来夏以降に設定される契約解除金を支払う模様。

リヴァプールが2018年夏にRBライプツィヒMFナビ・ケイタを獲得することを決めた模様だ。イギリスメディアが一斉に報じている。

かねてより、このRBライプツィヒMF獲得を狙っていたと報じられてきたリヴァプールだが、来夏にチームに加えることを決めたみられる。

RBライプツィヒとケイタの契約には2018年夏より行使可能な契約解除条項が盛り込まれており、ラルフ・ラングニックSDは来夏以降に同選手を「引き留めるのは難しくなるだろう」と認めていた。今夏、RBライプツィヒに移籍金7000万ポンド(約98億円)のケイタ獲得オファーを提示して断りを入れられたとみられるリヴァプールだが、来夏以降に設定される同選手とRBライプツィヒの契約解除金4800万ポンド(約68億円)を支払うことで、クラブ間交渉を合意に導いたという。

この報道が事実であれば、ケイタはリヴァプール史上最高額の選手となる。同クラブがこれまでに支払った最も高額な移籍金は、ニューカッスルからアンディ・キャロルを獲得した際の3500万ポンド(約49億円)だった。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ドイツ、若手中心のメンバーでロシアに勝利…3得点以上は1年ぶり
次の記事:
アジアカップへ照準を合わせる柴崎岳「出場できれば大きなプラスになる」
次の記事:
ベルギー、全勝で終了…クロアチアはリーグA残留かけて最終戦へ/UEFAネーションズリーグ
次の記事:
中島翔哉、ウルグアイ戦に満足せず。「そこまでいいプレーができたとは思っていない」
次の記事:
クロアチア、スペインに6発大敗のリベンジ成功!劇的弾で初勝利/UEFAネーションズリーグ
閉じる