ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

「リヴァプールはドローに値するほど良くなかった」ラッシュフォードは結果に満足せず

8:29 JST 2019/10/21
2019-10-20 Marcus Rashford

マンチェスター・ユナイテッドのマーカス・ラッシュフォードは、勝つべき試合だったとリヴァプール戦を振り返った。

20日に行われたプレミアリーグ第9節で、マンチェスター・Uはホームで首位リヴァプールと対戦。ここまで12位と低迷するマンチェスター・Uだが、36分にラッシュフォードがチームにリードをもたらす。1点リードで試合が進み、リーグ戦4試合ぶりの勝利を手にするかに思われた85分、アダム・ララーナに同点弾を許して試合は1-1のドローに終わった。

引き分けも、宿敵リヴァプールの開幕からの連勝を止めたマンチェスター・U。ラッシュフォードは試合後、イギリス『スカイスポーツ』で「3ポイントに値した。彼らはドローや勝ちに値するほど十分だったとは思わない。でも、これがフットボールだ」とオーレ・グンナー・スールシャール監督率いるチームがより優れていたと主張した。

「僕自身はビッグチャンスを逃し、あと少し届かなかったとみんなが感じている。ミッドウィークには勝利を手にできると思うし、この試合が新たなスタートになれば良いと思う」

インターナショナルブレイク前の0-1で敗れたニューカッスル・ユナイテッド戦から飛躍的に向上したマンチェスター・U。この理由について問われると、「シーズンのスタートからやってきたことに大きな変更はない。紙の上では2トップにしているけど、何も変わらない」とコメント。そして、先制点直前のヴィクトル・リンデロフのプレーを巡ってビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入した場面にも言及している。

「僕は何も見ていなかったから、どうしてあのゴールが取り消される可能性があったかわからない。でも、他の試合では、僕たちがアンラッキーなこともあったし、少しの差だったと思う」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です