ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

ランパード、就任後初のホーム公式戦でも初勝利に届かず…勝ち点3を逃した要因は?

16:55 JST 2019/08/19
2019-08-18 Frank Lampard

チェルシーのフランク・ランパード監督は、“疲労”が勝ち点3獲得につながらなかった原因だと主張した。

18日に行われたプレミアリーグ第2節でチェルシーはホームにレスター・シティを迎える。開始7分にメイソン・マウントのゴールで幸先よく先制したチェルシーだが、追加点を挙げられないまま試合が進む。すると67分、CKから失点を許して同点にされると、試合はこのまま1-1のドローで終わった。

これが現役時代に長年活躍したスタンフォード・ブリッジでの初の公式戦となったものの、勝ち点3を逃したランパード監督は試合後、『スカイスポーツ』のインタビューで「疲労を言い訳にしたくはない。しかし、後半にパフォーマンスが落ちた1つの要因となった」と自身の考えを述べた。

「昨日、リヴァプールの試合を見たが、彼らにとっても相当タフだったと思う。120分を戦い、そこから飛行機で帰国した。後半に大きなインパクトになったと言わざるを得ない。それでも、我々は十分に良いプレーができ、ボールを持っている状況でも良くなっていたと思う。しかし、疲労を一番の言い訳として使わせてほしい」

ランパード監督は、開幕戦のマンチェスター・ユナイテッド戦、UEFAスーパーカップのリヴァプール戦、そして18日のレスター戦と公式戦3試合連続で未勝利が続く。この件に関して、自身も選手たちももう少し時間が必要だと認めた。

「もう少し自分たちのプレーを出す必要がある。週半ばの試合では見せることができたが、今日はそのようにはできなかった。修正していかなければならないし、これは過程に過ぎない。我々が求める場所に辿り着くまで時間が掛かるだろう」

「今年はチームを助けられる選手を連れて来られなかったし、クラブに不可欠であったエデン(アザール)を失った。全員がこの状況を理解していると私は考えているし、我慢が必要だ。今日の試合では60分間良くなっていたから、これからもっと良くなると確信している」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です