ラビオ、ユーヴェのメディカルチェックへ!1日にも発表…年俸9億円、代理人手数料は12億円に

コメント()
(C)Getty Images

フランス代表MFアドリアン・ラビオは、ユヴェントスとの契約が間近に迫っている。『Goal』の取材で明らかとなった。

パリ・サンジェルマン(PSG)との契約が2018-19シーズン限りとなっていたラビオだが、クラブとの契約延長を拒否。フリーで退団することが決定していた。一時はバルセロナ移籍が濃厚とも言われていたが、最終的に24歳MFはイタリア王者へ加わることが決定したようだ。

ラビオは30日、トリノへ到着。PSGとの契約が終了する7月1日にメディカルチェックを受け、5年契約を結ぶことがわかっている。年俸は700万ユーロ(約8億6000万円)であり、代理人である母ヴェロニクには手数料として1000万ユーロ(約12億円)が支払われるようだ。

ユヴェントスは30日に公式SNSに「明日重大な発表がある」と投稿していたが、それはラビオの契約発表であるのかもしれない。

ラビオはPSG下部組織出身の24歳。2012年に17歳でトップチームデビューを果たすと、これまで公式戦240試合に出場してきた。しかし、契約延長を拒否したことにより、2018-19シーズンはリーグ・アン14試合の出場に留まっている。また、2015年にはフランス代表初キャップを飾っているが、昨年のロシア・ワールドカップで予備メンバーとしての招集を拒否。現指揮官ディディエ・デシャンとの関係悪化により、レ・ブルー(フランス代表の愛称)からは1年以上遠ざかっている。

新たにマウリツィオ・サッリ監督を迎え、すでにMFアーロン・ラムジーをフリーで獲得、さらにアヤックスDFマタイス・デ・リフトとの契約にも近づいていると見られるユヴェントス。悲願であるチャンピオンズリーグ制覇へ向けて強化を進めるイタリア王者は、移籍金ゼロでさらなる実力者の獲得を決めたようだ。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる