ラキティッチ、「獲得を望んでくれた」L・エンリケに感謝...新監督決定については「コパに100%集中」

コメント()
バルセロナMFは27日に決勝が行われるコパ・デル・レイのタイトルの重要性を強調した。

バルセロナMFイヴァン・ラキティッチは、今季限りで退任するルイス・エンリケ監督に感謝の意を表している。一方、後任決定についてはクラブの決断に委ねる考えを示した。

スペイン『オンダ・セロ』のインタビューに応じたラキティッチは、L・エンリケ監督について「僕の獲得を強く望んでくれた監督。彼の下で多くを学んだ」と指揮官に感謝している。

現時点で、後任として有力視されているのは、エルネスト・バルベルデ監督である。しかしながらラキティッチは「今は決勝戦に100%集中している。勝利を収めて、バルセロナのタイトルを1つ増やしたいからね。それ以外のことを話すのは首脳陣の仕事さ」と話すにとどまった。

そのコパ・デル・レイ決勝で、バルセロナは27日にアラベスと対戦する。ラキティッチは「難しくなると予想している。偉大な試合を演じなければいけない。(バルサが相手なので)アラベスは特別なモチベーションを抱いているだろう。だけど、彼らの気持ちが僕たちのものを上回ることはないよ」と述べ、決戦に向けて緊張感を高めている。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる