「ライバルも16強に…」韓国紙がU-17日本代表の決勝T進出に言及。8強では“日韓戦”実現も

コメント()
2019-11-03-nishikawa
(C)佐藤博之

ブラジルで開催中のU-17ワールドカップは現地時間2日にグループステージ第3節が行われ、日本代表がセネガル代表に1-0で勝利。2勝1分とし、グループD首位で決勝ラウンド行きを決めた。韓国メディアは、日本の突破を伝えるとともに、ベスト8で「韓日戦が実現する」可能性に言及している。

優勝候補のオランダを初戦で破り、続くアメリカ戦をスコアレスで終えた日本。セネガル戦の試合中にグループステージ通過が決定していたが、勝利すれば首位で突破を決められる状況となっていた。すると終盤の83分に藤田のスルーパスから西川がネットを揺らし、日本が均衡を破ると、試合はそのまま終了。日本はD組首位で決勝トーナメント進出を決めている。

一方でアジア4枠から出場している韓国も、最終戦でチリとの直接対決を制し、C組を2勝1敗の2位で通過。16強入りを決めている。韓国はラウンド16でA組2位のアンゴラと対戦することが決定。

韓国『news1』は、韓国がアンゴラを倒すと、準々決勝で日本と対峙する可能性について言及し、「ライバルの日本も16強に入った。日本はラウンド16でグループB・E・F3位の成績上位国と対戦する。もし、日本が16強で勝てば韓日戦が実現するかもしれない」と記した。

また、韓国の『スポーツワールド』は、韓国サッカーが近年、年齢別代表で好成績を収めていることを挙げ、「6月にはU-20代表が韓国男子サッカー史上最高成績となる準優勝を果たした」と紹介。

そのうえで「U-17代表は2015年大会以来、4年ぶりに16強に上がった。直前の大会であった2017年は、予選自体を通過できなかった」とし、「U-17W杯における歴代最高成績はベスト8だ。1987年のカナダ大会、そして2009年のナイジェリア大会だ。今回はそれよりも高いところを目指す」ことを高らかに宣言している。

▶【Goal.com×鹿島アントラーズ】誰でもDAZN(ダゾーン)が2ヶ月無料に!詳細はコチラ|11月30日まで

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる