ユーヴェ移籍濃厚の報道も、エムレ・カンは契約延長を示唆「リヴァプールは素晴らしいクラブ」

コメント()
(C) Getty Images
シティの無敗記録を止め、波に乗るリヴァプールに朗報? チームの主力であるカンが契約延長を示唆。

リヴァプールのドイツ代表MFエムレ・カンが、来季に向けた契約延長についてクラブと交渉中であることを明かした。 

カンとリヴァプールの契約は2017-18シーズン終了までとなっており、契約満了となればフリーで移籍することができる。今冬にも来季に向けた事前契約が可能であり、セリエA王者・ユヴェントスへの移籍が噂されていた。

しかし、首位のマンチェスター・シティ相手に勝利を収めた試合後のインタビューで、カンは来季の契約について延長の可能性があることを示唆した。

「(来季の去就については)代理人にまかせているが、夏までリヴァプールにいることは間違いない。まだどのクラブとも契約をしていないし、全員と話をしている。もちろん、リヴァプールともそうだ。しない理由があるかい? 今はリヴァプールの選手で、ここは素晴らしいクラブなんだ。あとは代理人がやってくれるから、自分はプレーに集中するのみだよ」

プレミアリーグの首位を独走するマンチェスター・シティに初黒星をつけたリヴァプールの中心選手であるカンは来季もレッズに残るのか、それともユヴェントスへ移籍するのか、今後の動向に注目が集まる。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
注意すべきは序盤の失点。サウジのスピードを封じ、原口、南野らアタッカー陣はサイドと裏を突けるか
次の記事:
韓国代表に痛手…負傷のキ・ソンヨンが残るアジアカップ欠場へ
次の記事:
堂安律はアヤックスにとって最適の補強?フローニンゲン指揮官と元アヤックスFWが絶賛
次の記事:
明暗分けた指揮官の采配――大胆不敵なエメリと“消去法”のサッリ…CL権争いは大混戦に
次の記事:
アンデルレヒト新監督が途中出場の森岡亮太へ厳しい評価「明らかにチームのクオリティが下がった」
閉じる