ユーヴェ幹部、ビッグクラブも関心のアッレグリに満足「最高峰の監督。将来もここで」

コメント()
Getty Images
ユヴェントスの幹部は、マッシミリアーノ・アッレグリの手腕を称えた。

ユヴェントスのジュゼッペ・マロッタGM(ゼネラルマネージャー)が、トリノで開催されたスポーツ関連のイベントに出席し、指揮官のマッシミリアーノ・アッレグリを称賛した。イタリアメディア『メディアセット』が1日、報じている。

アッレグリは2014年、3年連続リーグ優勝を果たしたアントニオ・コンテの後任としてトリノへやって来た。しかしシーズン途中にミラン指揮官を解任された後とあり、資質を疑う声もあった。それでも着任後、3年連続でスクデットを獲得するなど実力を示し、現在はビッグクラブから熱視線が注がれている。

「アッレグリは懐疑的な声が多い中からスタートした。それでもユヴェントスに相応しい指揮官、いや、それどころか現役監督の中では最高峰の指揮官であることを証明してくれた。何より結果が示している。ユーヴェはアッレグリとの二人三脚で皆を満足させることができた。彼が将来もここで続けてくれると確信している。」

また今シーズンも終盤に差し掛かり、厳しい戦いが待ち受けている。マロッタGMは、「これから1カ月、複数の大会の試合が組まれているが、勝つためにピッチへ上がるとの精神は変わらない」と意気込みを見せた。美しいプレーで魅了しつつ、リーグ戦で首位を走るナポリに対しては、「プレーの良し悪しは補足的なことに過ぎない。もしナポリが勝ったとしても、良いプレーとは関係なく、勝利に値しただけのことだ」とけん制した。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
タイ代表MFティティパン、大分加入が内定「Jリーグでプレーすることは夢でした」
次の記事:
川崎F、19シーズンも主将は小林悠!副主将も同じ3人で「あまり頼りになるキャプテンではないけど…」
次の記事:
相手を脅威に陥れた室屋&伊東の国内組右サイド。ウズベキスタン戦の槍は新たな武器となるか?
次の記事:
攻守で支えるロバートソン、リヴァプールと新たに5年契約…2024年まで延長
次の記事:
韓国紙が森保Jの決勝T苦戦を予想。自国の優勝へは期待感「イランと日本を避けた最高の組み合わせ」
閉じる