ユーヴェ、マンジュキッチ負傷で左手骨折のイグアインが古巣ナポリ戦先発候補に浮上

コメント()
Getty Images
ユヴェントスのマリオ・マンジュキッチが負傷し、スクデットの行方を占うナポリ戦を欠場する。

ユヴェントスに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが負傷し、ナポリ戦を欠場することになった。1日、『Goal』の取材により明らかになった。

セリエA第15節において、首位ナポリとの直接対決に挑む3位ユヴェントスから負傷者が続出している。当初、先発が予想されていたマンジュキッチが左ふくらはぎを負傷。幸い軽症のため、5日のチャンピオンズリーグ(CL)オリンピアコス戦には帯同できる見通しだが、1日のナポリ戦招集メンバーからは外れた。

また今夏、シャルケから加入し、26日のクロトーネ戦(3-0でユヴェントスが勝利)でようやくデビューを飾ったDFベネディクト・ヘヴェデスも負傷した。右足の大腿四頭筋にトラブルを抱えており、マンジュキッチより重傷とみられる。

同僚の離脱により、27日に左手骨折の手術を受けたばかりのFWゴンサロ・イグアインが先発候補に挙がっている。当初は古巣との一戦の欠場が予想されていたものの、準備が整っているようであれば先発起用される可能性が浮上している。もし状態に問題がある場合は、FWパウロ・ディバラがセンターフォワードとして代役を担う可能性もある。

ナポリ対ユヴェントス戦は、今シーズンのスクデットの行方を占う一戦である。それに加えイグアインは2015-16シーズンまでナポリの絶対的エースとして君臨していたため、動向は注目を集めている。今年のナポリ名物プレゼーペ(キリスト教のクリスマス人形)においても、イグアインは左手に包帯を巻いた姿で登場している。

▶セリエAを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
価値ある同点弾挙げた武藤嘉紀「目標は優勝。相手を一つ一つ粉砕する」
次の記事:
先発10人変更も…森保監督、ウズベク戦のメンバーを称賛「結果で示してくれた」
次の記事:
日本代表、3連勝で首位通過!塩谷の代表初ゴールで弾みつけ決勝Tへ
次の記事:
大幅メンバー変更の日本代表、ウズベクに先制許すも武藤の豪快ヘッドで追いついて後半へ
次の記事:
シャビのお眼鏡に適う選手は…「バルサにも合う。複数のポジションで世界最高になる」
閉じる