ユヴェントス、傷心ブッフォン温存でまさかの敗戦…首位ナポリが遠のく/セリエA第13節

コメント()
ユヴェントスがまさかの黒星。ホームで強さを見せるサンプドリアに飲み込まれた。

■セリエA第13節 サンプドリア 3-2 ユヴェントス

サンプドリア:サパタ(50分)、ルーカス・トレイラ(71分)、フェラーリ(79分)

ユヴェントス:イグアイン(90+1分)、ディバラ(90+4分)

セリエA第13節が19日に行われ、サンプドリアとユヴェントスが対戦した。

代表ウィーク明けの一戦で、ユヴェントスは22年前の今日プロデビューを飾ったジャンルイジ・ブッフォンをベンチスタートに。一方で、マリオ・マンジュキッチ、ゴンサロ・イグアイン、ミラレム・ピアニッチ、フェデリコ・ベルナルデスキといった選手が先発に名を連ねた。

地力で勝るユヴェントスがボールを持つ時間が長くなるものの、前線の選手たちはコンビネーションに欠け、有効な攻撃を繰り出せず。右サイドのフアン・クアドラードがフリーでシュートを打つシーンはあったものの、背を向けたGKエミリアーノ・ヴィヴィアーノに当ててしまい、前半最大の見せ場をゴールシーンに変えることはできなかった。

一方のサンプドリアは、ユヴェントスのプレスに屈せず、ディフェンスラインからしっかりと組み立てて対抗。丁寧なビルドアップからシュートまで持ち込むシーンも散見される。

後半に入ると、サンプドリアが健気に応援を続けていたサポーターを沸かせる。ペナルティエリア内で強さを見せたファビオ・クアリアレッラが左足でクロス。ユヴェントスDFにクリアされるも、宙に浮いたボールをダニエル・サパタが頭で押し込み、サンプドリアが先制に成功する。

先制弾に浮足立つユヴェントスは、エースのパウロ・ディバラを投入。ベルナルデスキは先発出場でアピール成功とはいかなかった。

ディバラ投入で流れを引き寄せかけていたユヴェントスだが、ゴールへと結び付けられないでいると、サンプドリアがチャンスを活かす。71分、ルーカス・トレイラが思い切って右足を振り抜くと、強烈なミドルシュートがゴール左に収まる。

さらに79分にはFKの流れから、クアリアレッラが左サイドから折り返すとジャンマルコ・フェラーリが左足で押し込み3点目。反撃に出たいユヴェントスだが、ファンの声援に後押しされるサンプドリアにパスでいなされるシーンも目立つ。

広告

それでも41試合連続でネットを揺らしてきたユヴェントスは終了間際に何とかPKで1点を返すと、続けざまにディバラがカットインから左足を振り抜いてたちまち1点差に。しかし、反撃も一歩及ばず試合は3-1でサンプドリアが勝利した。

完敗を喫したユヴェントスは、いまだ無敗の首位ナポリが勝ち点4差に遠のいている。前節ダービーを制したサンプドリアはホームゲーム6連勝でクラブタイ記録に並び、好調をキープしている。

▶セリエAを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
最多優勝対決はユヴェントスに軍配!C・ロナウド弾でミランを撃破/スーペルコッパ・イタリアーナ
次の記事:
韓国が3連勝で首位通過! 主将ソン・フンミンが活躍、G大阪FWファン・ウィジョ弾などで中国との首位決戦制す
次の記事:
大迫勇也の状態に言及した森保監督、大幅メンバー変更で3連勝へ「1位突破がオーストラリアを避けるということではない」
次の記事:
「少しの間嫌いになるかもね」アンリ、親友ヴィエラとの指揮官として初対決に意気込む
次の記事:
Y・トゥーレが「ピケの10倍良い」と絶賛する選手は?ベスト11にはなんとアタッカー6人!
閉じる