モンペリエの名物会長ニコラン氏、74歳の誕生日パーティー中に心臓発作で死去

コメント()
Getty Images
モンペリエの名物会長として知られていたルイ・ニコラン会長が29日、74歳で死去した。

モンペリエのルイ・ニコラン会長が29日、心臓発作により死去した。74歳だった。フランス複数メディアが伝えている。

ニコラン会長は29日、自身の74歳の誕生日を祝うパーティーに出席中に体調不良を訴えた。その後、病院に搬送されたが帰らぬ人となった。

ニコラン会長は1974年にモンペリエを設立し、フランス6部でスタートを切った。クラブは2012年、リーグ・アン初優勝を飾ったが、会長本人は「リーグ優勝よりもクープ・ドゥ・フランスの方が良い」と話し、1990年に獲得したタイトルを誇っていた。

ニコラン会長はまた、自由な発言をすることでマスコミの注目を集めた。パリ・サンジェルマンを率いていたカルロ・アンチェロッティに対し「バカだ」と発言したほか、オセールに所属していたMFベノワ・ペドレッティを侮辱し2ヶ月の資格停止処分を受けたこともある。

モンペリエも29日、ツイッターの公式アカウント上で、「6月29日、我々のルイ・ニコラン会長が死去したとの報告を受けた。哀悼の意を表する」と発表している。

次の記事:
横浜FM、ブラジル人FWを期限付き移籍で獲得内定 「この挑戦に全力を尽くしたい」
次の記事:
アーセナル、ハメス獲得へ? エジルの代役か
次の記事:
鹿島が2019シーズンの背番号を発表…10番は昨季ベストヤングプレーヤー賞の安部裕葵に
次の記事:
リヴァプール、守備陣に故障者続出…20歳のサイドバックも最大で4週間の離脱へ
次の記事:
磐田、ルクセンブルク代表FWロドリゲスを獲得、背番号は11
閉じる