ニュース ライブスコア
セリエA

モンテッラ、一発退場のボヌッチを擁護「意図的でない。ビデオ判定には我慢ならない」

13:55 JST 2017/10/23
Vincenzo Montella
ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は現役時代を振り返り、レオナルド・ボヌッチのようなプレーから得点をマークしていたと主張した。

ミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラが22日、イタリアメディア『プレミアムスポーツ』のインタビューに応じ、厳しい判定に怒りを示した。

ミランは22日、セリエA第9節でジェノアと対戦。勝利を要求されていた試合ながらも得点を挙げることができず、スコアレスドローに終わった。勝利からは4戦連続で遠のいており、順位は11位まで落とした。目標とするチャンピオンズリーグ出場圏内ははるか遠く、指揮官の去就を危ぶむ声も上がっている。だがモンテッラはパフォーマンス自体には手ごたえを感じており、特殊な状況であると主張した。

「特殊な状況ともいえる。ここ3試合、悪くない出来だったにも関わらず、負けや引き分けに終わってしまった。今日は数的不利になりながらもチャンスを作り、勝利に値する試合だった。今はこういう状況だが、チームは団結している」

主将のDFレオナルド・ボヌッチは25分、ジェノアのDFアレアンドロ・ロージに肘打ちを見舞って一発退場となった。今夏、ミランが4000万ユーロ(約53億円)を投じて獲得した目玉だっただけに、SNSはサポーターの批判で溢れかえった。それでも指揮官は自身の現役時代の経験を踏まえ、元ユヴェントスのDFを擁護した。

「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)には堪忍袋の緒が切れそうだ。選手は驚いていた。エリア内での攻撃の場面だった。マークを外そうとしていたので相手を見ていなかった。当たったのは事実だが、ポジションを取ろうとしていたわけで、意図的ではなかったと思う。私だって、あのような状況からどれだけゴールを挙げてきたことか! ピッチでの状況はテレビ画面に置き換えることはできない。VARについては調整するべきだ」