モジャがレアル・ソシエダに移籍したアトレティコ...トップ登録は19選手に

コメント()
Getty Images
今冬ビエット、アウグスト、カラスコ、ガイタンを放出

アトレティコ・マドリーは、選手層の厚みを失った状態でシーズン終盤戦に臨むことになりそうだ。

アトレティコは27日にGKミゲル・アンヘル・モジャをレアル・ソシエダに放出した。FWルシアーノ・ビエット(バレンシア)、MFアウグスト・フェルナンデス(北京人和)、MFヤニック・カラスコ、MFニコ・ガイタン(以下大連一方)を含め、今冬5人目の選手放出となっている。

ソシエダは移籍市場最終日の1月31日にDFイニゴ・マルティネスがアスレティック・ビルバオに移籍。ビルバオが契約解除金3200万ユーロ(約43億円)を支払い、ライバルクラブ間の“禁断の移籍”が成立した。

ただ、移籍市場最終日の契約解除金が支払われての移籍という事情から、ソシエダには市場閉鎖後も1カ月間その登録枠を埋めるための選手獲得が許可された。GKヘロニモ・ルジの負傷を受け、ソシエダはモジャ獲得に踏み切っている。

一方、アトレティコは現在フィールドプレーヤー17選手+GK2選手でトップ登録が19選手となっている。リーガエスパニョーラとヨーロッパリーグの2大会を残すなか、ディエゴ・シメオネ監督は新たな試練に立ち向かう。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
アーセナル、敏腕スカウトの退団が決定…過去には香川真司やオーバ、デンベレらを“発掘“
次の記事:
「もっと良くならなければ…」ソン・フンミンが辛勝でベスト8進出のチームを鼓舞
次の記事:
行方不明のFWサラに父が悲痛のコメント「絶望している。言葉がない」
次の記事:
元日本代表MF稲本潤一、新天地は相模原に決定!「自分の経験や知識の全てをいかして、勝利に貢献したい」
次の記事:
死闘制して準々決勝も、韓国メディアは自国の戦いに辛辣「90分で勝ち切れる相手に…」
閉じる