「モウリーニョよりペップのほうが…」カントナはマンチェスター・Uの手堅いスタイルに不満

コメント()
Getty Images
マンチェスター・UのOBであるカントナが、現在のユナイテッドについて語った。同氏は、守備的なモウリーニョより、攻撃的なスタイルを展開するグアルディオラのスタイルが好みと公言している。

かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーした元フランス代表FWエリック・カントナが『BBC 5ライブ』で、現在のマンチェスター・Uについて言及している。

「(ジョゼ)モウリーニョはユナイテッドに来る前から好きな人物だった。実際にとても知的な人物であり、指導者としてストイックな姿勢も見せている。彼はカリスマ性も持ち合わせており、実際に数々のタイトルを獲得してきた」

その一方で、「確かに今のユナイテッドは理にかなったプレースタイルだと思うが、私はもっと創造性溢れるチームのほうが好みだね。私がかつてプレーした(アレックス)ファーガソン監督のスタイルは、マット・バスビー(マンチェスター・U往年の名監督)からイマジネーションを得たファンタジー溢れるサッカーだった」と発言。

さらに「私は1970年代にヨハン・クライフが見せていたアヤックスの“トータル・フットボール”が好きだった。ファーガソンのサッカーもこういった華麗なスタイルだったね。その意味では(マンチェスター・シティのペップ)グアルディオラのほうがユナイテッドの監督として好ましいサッカーだった」と続け、グアルディオラが率いるマンチェスター・Cの攻撃的スタイルのほうが、自身の好みだと明かしている。

優勝請負人として、数々のビッグクラブで結果を残してきたモウリーニョ。果たして、マンチェスター・Uで2年目を迎え、カントナの好みではないという"手堅いスタイル”でリーグタイトルを奪還できるのか。まだシーズン序盤ながら、ライバルチームを率いるグアルディオラ監督に先行を許しているだけに、この後の巻き返しに期待が懸かるところだ。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる