メッシ宅上空は飛行制限…スペイン航空会社CEOが吐露「世界中こんな場所はない」

コメント()
Getty Images
スペイン格安航空会社CEOは、「リオネル・メッシが住む場所は飛行できない」と不満を漏らす。

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、航空業界にも影響をもたらしている。スペイン紙『マルカ』が1日、報じている。

メッシは1日、リーガ・エスパニョーラ第26節のラス・パルマス戦(1-1)において、美しいシュートを決めたばかりだが、今回、話題となっているのは、ゴールではなく、彼の美しい豪邸のようだ。

バルセロナを拠点とする格安航空会社、ブエリング航空のハビエル・サンチェス・プリエトCEOが不満の声を上げている。プリエトCEOは、バルセロナ・エル・プラット空港に新ターミナルを建設した場合でも、発着便を増やすことができないと漏らす。なぜなら空港から10キロほど離れたバルセロナ近郊のガバに、メッシの自宅があるためだ。メッシ邸の上空は飛行制限が敷かれており、自由に航行することができない。

プリエトCEOは、「世界中探してもこんな事が起こる場所は他にない。メッシが住んでいる場所は飛行できないんだ」と皮肉に答えた。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
ネイマールが右足を痛めて途中交代…トゥヘル「昨年の負傷と同じ右足だから心配」
次の記事:
セビージャがホームでバルセロナに2-0先勝…バルサの国王杯5連覇に黄信号/国王杯準々決勝
次の記事:
アグエロ弾でマンチェスター・Cが3部バートンに連勝…リーグカップ決勝進出/カラバオカップ準決勝
次の記事:
ミランが“レヴァ2世”ピョンテク獲得!移籍金は約44億円…イグアイン退団決定後に発表
次の記事:
バルセロナがアヤックスの逸材デ・ヨングを最大100億円超で獲得…合流は今季終了後に
閉じる