ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

ミルナーが今季から導入VARに「現状では支持できない」試合の雰囲気を壊すと警鐘も

19:00 JST 2019/10/29
James Milner Liverpool 2019-20

リヴァプールのジェームズ・ミルナーは、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に好意的な考えを持っていないようだ。

ブンデスリーガ、セリエA、リーガ・エスパニョーラなど欧州主要リーグで使用され、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でも決勝トーナメントから導入されたVAR。プレミアリーグは早期の導入に否定的な考えを持っており、今シーズンからようやく正式に採用されている。しかし、レビューの基準などの問題が浮き彫りとなり、選手や指揮官からさまざまな意見が飛び交っている。

現在、リーグ戦で首位を走り、先日のマンチェスター・U戦ではVARに泣かされたリヴァプールのミルナーは、イギリス『ガーディアン』でサポーターを混乱させかねないVARについて自身の考えを主張した。

「僕はまったくVARのファンではない。時代遅れなだけかもしれないけど、まだまだたくさんの議論が巻き起こっている。すぐに判定できるゴールラインテクノロジーは素晴らしい。でも、VARを使うのはとても難しいし、時には雰囲気を壊してしまう。ゴールしたとき、歓声が響き渡るけど、VARのレビューがあれば、結果を待つ必要があるし、“あれはゴールだった?”って雰囲気になる」

一方で、レスター・シティ戦では、試合終了間際にVARによってPKを与えられる恩恵を受け、キッカーを務め、決勝ゴールを挙げたミルナーはこのことについて「今までになかった経験で、あの場面は使われるべきだったと思う」とPKの正当性を主張したが、スポーツの本質を変えてしまうと警鐘を鳴らした。

「フットボールはフィールド上と判定面での人的エラーによるゲームだ。彼ら(レフェリー陣)は本当に難しい仕事をしているけど、試合の流れを断つようなことはあってはならないと思う。VARからそのような疑問がなくなれば、僕は100%支持する。でも、まだまだ多くの問題があるし、多くの選手が僕と異なる考えを持っているとは思えない」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です