ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

ミラン関心のフォルスベリ、5年契約残すも移籍を直訴?代理人はライプツィヒを非難

17:48 JST 2017/06/23
Emil Forsberg RB Leipzig 06052017
2位ライプツィヒで中心的な存在となったスウェーデン代表MF。代理人曰く「ステップアップ」を希望。

RBライプツィヒに所属するスウェーデン代表MFエミル・フォルスベリは、同クラブからの移籍を望んでいるようだ。代理人のハサン・セティンカヤ氏は「彼は次のステップに進みたがっている」とし、所属クラブの幹部による対応を非難した。

主に2列目の左サイドでプレーするフォルスベリは今シーズン、初のブンデスリーガ1部シーズンを2位で終えたライプツィヒで活躍。同チームの攻撃陣において欠かせない存在となっている。シーズン中にもリヴァプールやアーセナル、バイエルン・ミュンヘンが興味を抱いていると報じられていた。そして、数カ月前にクラブは2022年までの新契約と交わしたことで、同選手の退団を回避できたように見えた。

だがシーズンオフに入ると、ミランからの関心が報じられ、それに対してフォルスベリも「彼らは王座を奪い返すための興味深いプロジェクトを進めている」と話し、ミラノは「ファンタスティックな街」と移籍を視野に入れていることを示唆。さらに代理人のセティンカヤ氏もスウェーデンメディアで「彼はステップアップするべき」と発言し、ライプツィヒからの退団を画策している様子をうかがわせた。

対するライプツィヒのオリバー・ミンツラフGM(ゼネラルマネジャー)は、FIFAがレッドブル社のライプツィヒとレッドブル・ザルツブルクとの運営への関わりについて問題視せず両クラブの来季のチャンピオンズリーグ出場を可能とするとの発表に伴い、フォルスベリの移籍を拒否する姿勢を強調。「代理人はエミルが我々と何年間に渡った契約を結んだのか忘れたのなら、彼に早速その謄本を送るよ」と皮肉っていたところだ。

だが、この発言をフォルスベリ側は挑発と捉えたよう。代理人は『ビルト』で「あれほどの傲慢な態度は経験したことがないね。私はエミルがライプツィヒで契約をあと何年残しているのか知っている。彼がクラブをどれほど助けてきたのかもね。確実なのはエミルは自身のキャリア上、次のステップに進みたがっていることだ」とコメント。またライプツィヒは先日、ガラタサライからU-21ポルトガル代表の左ウィンガ-、ブルマを獲得。セティンカヤ氏は「以前の監督が彼に関して何一つポジティブなことを話していない。彼を獲得したことに関してはとても疑問に思っている」とクラブの補強方針に疑問を投げかけた。

フォルスベリ本人は来月11日にライプツィヒでのプレシーズンに合流する予定となっている。『ビルト』によると、同選手はまず最初に“関係が冷え切った”クラブのラルフ・ラングニックSD(スポーツディレクター)とのミーティングを求めるという。ラングニックSDには、移籍志願の主力選手を残すのか、それともその退団を許し、他選手も移籍を求めるリスクを冒すのか、といった難しい決断が待っている。