ミラン、公式戦3試合ぶり勝利…モンテッラ監督の進退かかる一戦で無失点/セリエA第12節

コメント()
Getty Images
ミランが2-0で勝利。

■セリエA第12節 サッスオーロ 0-2 ミラン

ミラン:ロマニョーリ(40分)、スソ(67分)

イタリア・セリエAは5日に第12節の試合が行われ、ミランは敵地でサッスオーロと対戦した。

今夏大型補強を敢行したものの、思ったような結果が出ないミラン。現在公式戦2試合未勝利で、この一戦にヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の進退がかかっていると言われているなか、こちらも17位と低迷するサッスオーロのホームに乗り込んだ。

広告

立ち上がりから攻勢を仕掛けるミランは、前半から多くのチャンスを作る。すると40分、ロマニョーリが決めて先制に成功する。

先制後もミランは積極的なプレーでチャンスを作っていく。そして67分、右サイドで浮き球のパスを貰ったスソが得意のカットインからゴールを奪った。

その後も相手にそれほどチャンスを与えないミランは、そのまま危なげなく公式戦3試合ぶりの勝利を収めた。勝ち点を19に伸ばし、7位に浮上している。

次の記事:
難敵ライプツィヒを下したドルトムント、首位キープに指揮官も満足
次の記事:
超一級品のゴールで4試合連続弾のラッシュフォードにクラブ重鎮は「信じがたい才能」「世界最高選手の一人になれる」
次の記事:
インテルCEO、イカルディの残留を確信「問題はいつサインするかだけ」
次の記事:
アーセナルレジェンド、ラムジーのユーヴェ行きは「吐き気を催す」 クラブを批判
次の記事:
カーディフ、クラブ史上最高額でナントからストライカー獲得…今季リーグ・アンで12ゴール
閉じる