ニュース ライブスコア
セリエA

ミラン主将ボヌッチ、ガットゥーゾを絶賛「カリスマ、決断力、闘志はコンテのよう」

18:24 JST 2018/03/02
2017-12-30-milan-leonardo-bonucci-gennaro-gattuso
ミランのレオナルド・ボヌッチはジェンナーロ・ガットゥーゾを尊敬するチェルシー指揮官に例えた。

ミランの主将DFレオナルド・ボヌッチが1日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾを称えた。

ミランは現在、公式戦13試合負けなしで6連勝。2月28日に行われたコッパ・イタリア準決勝では、PK戦の末ラツィオを下し、ユヴェントスとの決勝へ駒を進めた。ボヌッチは、前任のヴィンチェンツォ・モンテッラの下で不振に陥っていたチームを立て直したミランOBのガットゥーゾに信頼を寄せている。古巣ユヴェントスにおいて、2011-12シーズンから3年連続リーグ優勝を果たした恩師アントニオ・コンテに例え、絶賛している。

「僕は監督のことを信頼している。年齢は若く、経験は少ないが、素晴らしい人物だし、チームを上手く機能させることができる。僕が一番驚いたのは、彼が現役時代に見せていたハングリー精神をチームに浸透させたことだ。それに彼の下では、選手1人1人が重要なんだと感じられる。カリスマ性、決断力、闘志が伝わってくるところは、コンテを思い出すよ」

続いてボヌッチは、コッパ・イタリア決勝進出で浮足立つチームに釘を刺す一方、可能な限り、当初のミランの目標であるチャンピオンズリーグ(CL)出場権の獲得を目指すことを強調した。

「勝利は更なる勝利を容易にする。だがガットゥーゾの言うように、地に足をつけて行かなければならない。過去は過去、どんな相手にも実力を発揮できるチームだと信じて前を向いていきたい。このチームには、開幕当初の目標を達成できるだけの要素が備わっている。僕は常に不可能を信じてきた。大きな目標のために努力し、奮闘してきた。計算上可能な限り、CL出場を目指し、リーグ戦やヨーロッパリーグで戦っていきたい」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう