ミッドウィークは休養...C・ロナウドの出場時間を調整するレアル・マドリー

コメント()
Getty Images
2018年に入り15試合中9試合に出場

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、FWクリスティアーノ・ロナウドのコンディションに気を配っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

33歳を迎えているC・ロナウドだが、ジダン監督はポルトガル代表FWの体調を気遣っている。2018年に入り、2月14日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦パリ・サンジェルマン戦(3-1)を除き、ミッドウィークに行われた試合には一度も出場させていない。

C・ロナウドは今年、15試合中9試合に出場。昨季は公式戦46試合に出場して4126分の出場時間を得たが、今季はここまで31試合に出場して2618分の出場時間だ。

一方、C・ロナウドは2018年突入後の9試合で12得点を挙げている。シーズン終盤に向けて決定力を取り戻しており、ジダン監督の手法は功を奏しているのかもしれない。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
モラタ獲得を目指すアトレティコ、予算確保のためにジェルソンをモナコに放出へ
次の記事:
全員が決戦へいい準備を。権田修一「誰が出るかもわからない状況の中で…」
次の記事:
フラム、32歳バベル獲得の次は岡崎やG・ケーヒル?1部残留に向け補強の年齢制限撤廃
次の記事:
吉田麻也、サウジとの前回対戦は「比較材料にならない」。弱点は「集中力を欠くシーンが多い」
次の記事:
直近4試合ベンチ外も…エメリ、エジル退団を否定。チェルシーとの大一番での起用も示唆
閉じる