マンチェスター・C、選手流出は不可避か…元イングランド代表MF「選手からすれば“僕の責任ではない”」

Pep Guardiola, Man City
Getty

欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会からの2年間の締め出しが決まったマンチェスター・シティのスター選手たちの流出は免れないようだ。元イングランド代表MFジャーメイン・ジェナス氏が主張した。

14日、UEFAはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の重大な違反が発覚したとして、マンチェスター・Cへ主催大会の2年間の出場禁止処分を発表。これにより、2020-21シーズンから2シーズンにわたりチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグへ参戦できない。なお、最終決定はスポーツ仲裁裁判所(CAS)への判断に委ねられる見込みだ。

イングランド国内にとどまらず、ヨーロッパ中を震撼させた一大ニュースを受け、ジョゼップ・グアルディオラ監督の進退や各国代表のスター選手たちの去就に大きな注目が集まっている。

現役時代にトッテナムやイングランド代表でプレーしたジェナス氏は『BTスポーツ』で選手の大量流出を危惧。「私が興味を持っていることは、マンチェスター・シティファンの気持ちだ。彼らは選手たちやペップの去就にやきもきしているだろう」と話し、ラヒーム・スターリングやケヴィン・デ・ブライネら選手たちの心情を代弁した。

「仮にペップが出ていき、スターリングやデ・ブライネが退団すれば、クラブへの忠誠がないと見なされるのか?彼らはクラブとともに歩むべきなのか?ただ、選手の立場からすれば“これは僕の責任ではない。言われてきことをやってきたまでだ。タイトルやチャンピオンズリーグの出場権をもたらし、クラブに多くの利益を生み出した。これが僕たちのやってきたことだ”といったところだろう」

「仮に1年間なら、スターリングのような選手なら“僕は大丈夫。我慢するよ。まだ26歳だ”と言ってくれるかもしれない。一方で、29歳のデ・ブライネの場合であれば、シティは退団を受け入れなければいけないと思う」

▶プレミアリーグ 2019-20シーズンDAZN完全独占!プレミアリーグ観るならDAZN。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です

閉じる