マンチェスター・C主将コンパニ、敵地でバーゼルに快勝も慢心はなし

最終更新
コメント()
Getty Images

マンチェスター・シティのベルギー代表DFヴァンサン・コンパニは、チャンピオンズリーグベスト8進出に大きく近づいたものの、慢心はない。『BTスポーツ』が報じている。

マンチェスター・Cは13日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦でバーゼルと対戦。敵地での一戦であったが、イルカイ・ギュンドアンの2ゴールもあり、4-0で快勝。相手を支配しての勝利だっただけに、キャプテンでCBに入ったコンパニは「仕事は守備とこぼれ球を拾うことが半々だったね」と語っている。

4点差でホームのエティハド・スタジアムへ戻ることになるが、コンパニに慢心はない。

「こういった状況は経験があるが、油断してはいけない。エティハドで3-2や2-2で終われば、いい感触で次のラウンドに進めないだろうしね」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ミラン、1月加入の“ネクスト・カカ”が合流へ!「歴史を重視して選んだんだ」
次の記事:
バルセロナの問題児デンベレ、今度は練習に2時間遅刻…理由は寝坊の模様
次の記事:
辛勝のアーセナル、エメリ監督が語る苦戦の要因は?「速いリズムでプレーしたかったが…」
次の記事:
エスパニョール監督、FK2発のメッシにお手上げ「ファウルしなければ懐に入られてしまうし…」
次の記事:
「数百倍、数万倍悔しい」仙台の渡邉晋監督、それでも前を向きサポーターに感謝「ドアウェーの“ド”を取ってくれた」
閉じる