マルセロ「ヒホン戦は難しい試合だった」…CLバイエルン戦、クラシコに意気込む

コメント()
Getty Images
スポルティング・ヒホンvsレアル・マドリーの一戦は、レアル・マドリーが2-3で逆転勝利。この試合に出場したマルセロが、ヒホン戦を振り返った。また、早くも週明けに控えているCLバイエルン戦、翌週のバルセロナ戦に向けて意気込みを示した。

リーガ・エスパニョーラ第32節、スポルティング・ヒホンvsレアル・マドリーは、ホームのヒホンが2度リードする展開になりながらも、レアル・マドリーが後半に2ゴールを決め、2-3で逆転勝利を飾った。

試合後、後半途中からピッチに登場し、逆転勝利に貢献したマルセロがTV局のリポーターに、勝利の喜びを語っている。

「この試合はとても難しい内容となったが、何とか勝利することができた」

マルセロは「ハードスケジュールが続いて、チームにとって厳しい状況だったことは間違いない。だが、僕らは今うまくいっていると思う。難しい状況でもしっかり結果を残してきたからね」と語り、チャンピオンズリーグ準々決勝のバイエルン戦、そして今節のヒホン戦と、立て続けに逆転勝利を飾ったことについて言及した。

また、マルセロは「とりわけ(2ゴールを決めた)イスコの働きは素晴らしかったね。勝ち点3を獲得することができて安心したよ。試合前まではヒホンとの戦いに集中していただけど、チームはこれから、(18日に)CLのバイエルン戦、そして(23日には)バルセロナとのエル・クラシコが控えている。これからやってくる大一番に向け、今一度気を引き締めないといけない」と続け、CL準決勝進出を懸けた大一番、そして今シーズンのリーグ優勝を左右するバルセロナとのクラシコに向けて気概を示した。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる