マルセイユDF酒井宏樹が分析するPSG戦の敗因は?「そんなにやられている感じもなかったけど…」

コメント()
(C)Getty Images
マルセイユDF酒井宏樹は、厳しい内容となったパリ・サンジェルマン戦を振り返っている。

マルセイユDF酒井宏樹は、厳しい内容となったパリ・サンジェルマン戦を振り返っている。

リーグ・アン第27節でPSGと対戦したマルセイユ。プライドをかけた戦いに負けられないマルセイユだったが、開始10分にキリアン・ムバッペにゴールを許すと、その後3失点。力の差を見せつけられて敗れた。酒井自身も、対峙したネイマールに苦しめられ、59分にピッチを後にしている。

試合後、酒井は敗戦について「もちろん悔しい」とし、「もっとプレーしていたかった」と明かしている。

「(交代が)早かったので。悔しいというよりは、もっとやっていたかったです。前半結構やれて面白かったので。ボールも回るし、そんなにやられている感じもなかった。でも3−0というのは…。フットボールの世界では結果が全てなので。3−0で負けたということは、僕らに3失点するだけの要因があったということ。個人的にはプレーはできていたと思いますが、結果は3−0のディフェンダーなので、課題はいっぱいあると思います」

「PSGくらいになると簡単に止められるような相手ではないので、その前の守備というのももちろん大事にはなってきますけど、3失点していたらそこの責任は僕ら守備陣が負わなくてはいけない。しっかり僕らが責任を負いながら、コミュニケーションを増やしていければと思います」

そして、前半は「ボールを失うこともほとんどなかったし、プレッシャーをはがせていたので楽しかったですが、結果が出ないと……」とため息をついた酒井。10日間で4試合をこなす過密日程により疲れが溜まっていたと語っている。

勝つためのゲームプランで臨んだと明かした酒井だが、10分の失点シーンが結果に直結してしまったと感じているようだ。

「勝つためには良い時間帯を過ごさないといけないので、ゲームプランが崩れるような早い時間での失点は難しいですよね。前半は抑えて、相手が焦れてくるところで駆け引きができていれば……。1−0になってしまうとホームの声援もありますし、難しい状況には追い込まれますよね」

「1点目もジョーダンのところだけじゃなくて(左SBのジョーダン・アマヴィがボールを失ったところをムバッペに拾われてゴールを決められた)、そこにいくまでに多くの要因がある。それはチームとしての課題ですし、見つめ直さないといけない。まだビデオを見ていないのでわからないですけど、それを見てからですね」

PSGに差をつけられて敗戦したマルセイユだが、両者は28日にクープ・ドゥ・フランスで再び相まみえる。

▶リーグ・アン観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

閉じる