マルセイユ、ファンにハイキックを見舞ったエブラを解雇...UEFAも来年6月までの出場停止を発表

コメント()
Getty Images
サポーターに対して不適切な行動に出た元フランス代表DFは、クラブとの契約を打ち切られた。

マルセイユが、サポーターを蹴った元フランス代表DFパトリス・エブラを解雇したことが分かった。

2日に行われたヨーロッパリーグ第4節ヴィトーリア対マルセイユの試合開始前に騒動が勃発。観客席から飛び出してきたマルセイユのファンから暴言を吐かれ、激高したエブラが、1人のサポーターにハイキックを見舞う暴挙に出て、ヨーロッパリーグ史上初めて試合前に退場処分を受けていた。

試合後、内部調査を敢行したマルセイユは、エブラに対して独自に出場停止を発表。一方、同様に調査に乗り出していた欧州サッカー連盟(UEFA)も同選手に2018年6月30日までの出場停止処分および1万ユーロ(約130万円)の罰金を科すことを公表した。

そして、マルセイユは10日「双方の同意の下に契約を解消した」と声明を出し、2017年1月から同クラブに加入したエブラの解雇に踏み切ったと明かしている。

▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
“不協和音”響くアーセナルが宿敵チェルシーとの大一番へ…注目のエジル起用はあるのか?
次の記事:
モウリーニョの片腕ルイ・ファリアが中東レフウィヤSCで再出発…中島翔哉に関心との報道も
次の記事:
「トップ4のために負けられない」ダービーを前に、エメリが勝ち点3奪取を誓う
次の記事:
グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」
次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
閉じる