マラドーナを抜いたアグエロ、パフォーマンスに満足も「成長し続けないと」

コメント
アグエロがロシア戦でアルゼンチン代表通算35ゴール目をマーク。

アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、偉大な先輩ディエゴ・マラドーナの得点記録を抜き去ったことに喜びを示した。

アルゼンチンは11日、国際親善試合でロシアと対戦。試合は終了間際のアグエロのゴールでアルゼンチンが1-0と勝利した。アグエロはこのゴールで、代表通算得点を「35」としている。

その結果、アルゼンチン代表で34ゴールを挙げていたマラドーナを抜き去り、代表通算得点記録で3位に浮上。なお、1位はリオネル・メッシの「61」、2位はガブリエル・バティストゥータの「54」となっている。

アグエロは試合後、「僕のゴールで勝利に導けて嬉しいよ」と話してこう続ける。

「チームはいいプレーをしたし、今後も成長し続けなければならない。多くの新しい選手がいるし、互いのことをわかり合うのは簡単ではない。ワールドカップまでこの道を歩き続けないとね」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
地に足着ける大迫勇也、若手の勢い認めるも「経験ある選手がいてからこそ」
次の記事:
新世代組だけじゃない!遠藤航、成長と飛躍への誓い「自分を試したい。満足できない」
次の記事:
バルセロナ、2019年夏のアジアツアー実施が決定!日本でイニエスタと再会あるか…
次の記事:
日本代表初得点を振り返る堂安律「一生思い出に残るゴール」
次の記事:
日本代表の未来を背負う中島翔哉。ブレない信念「サッカーは楽しいもの」
閉じる