マドリーダービー、スタジアムに侵入しようとした男が警備員に暴行…警備員は眼球失う

コメント()
Atlético Madrid
現在、警察が捜査を進める

18日に行われたリーガエスパニョーラ第12節、アトレティコ・マドリー対レアル・マドリーのダービー中、スタジアムに侵入しようとした男が警備員を負傷させた。スペイン『マルカ』が報じている。

報道によればこの試合の80分過ぎ、一人の男がスタジアムの複数のゲートを回りながら侵入を試みた。男は警備員に侵入を制止されたが、その警備員を殴って、その後に逃亡。殴られた警備員は、眼球を失ったとのことだ。

暴行の様子はスタジアムのカメラに収められており、現在警察が捜査を進めている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か
次の記事:
マンチェスター・U、期待の生え抜きが契約延長! スールシャール「彼の前には明るい未来が広がっている」
次の記事:
豪州の戦いぶりに韓国紙が厳しい論調「4年前に比べてはるかに弱い。4強まで上がるかも不確実」
次の記事:
元イングランド代表A・コールが英2部ダービーに加入…元同僚ランパードとPL昇格へ
次の記事:
大迫所属ブレーメン、さらにアジア人選手を狙う?アジア杯視察中のSD「詳細明かせない」
閉じる