マスチェラーノ、バルセロナ退団を明言「このクラブでできることはもうほとんどない」

コメント()
Getty Images
バルセロナで多くのタイトルを獲得してきたマスチェラーノ。すでにやり残したことはないと感じているようだ。

バルセロナに所属するアルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノが退団を希望しているようだ。『ESPN』が報じた。

マスチェラーノは2010年、リヴァプールからバルセロナへ移籍。守備的MFからセンターバックへとコンバートされると、中心選手としてチャンピオンズリーグ2度の制覇や、リーガで4度の優勝を経験してきた。しかし、今シーズンはエルネスト・バルベルデ監督の信頼を勝ち取れず、ここまでは思うように出場機会を与えられていない。

マスチェラーノとバルサの契約は2019年までとなっているが、満了を待たずして退団を求めていることを明かした。

広告

「ここでのステージは終わりを迎えたと思う。長い間いたし、ここでできることはもうそれほど残されていない。重い気持ちで言っているわけではないし、このクラブでキャリア最高のときを過ごした。忘れないよ」

33歳のマスチェラーノの新天地はどこになるのか。古巣のリヴァプールも含め、注意深く動向を見守ることになるだろう。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
元Jリーガーのドゥンビアが値千金同点弾…アウェーGでアトレティコを上回り、ジローナが国王杯8強へ
次の記事:
中島翔哉にカタール王者への移籍話が急浮上?「すでにクラブ間合意」とポルトガルで報道
次の記事:
ドルトムント、バイエルン移籍を“禁止”?主力選手のライバルへの流出を阻止か
次の記事:
“悪童”バロテッリが酒井宏樹の同僚に?今冬のマルセイユ行きが濃厚に
次の記事:
最多優勝対決はユヴェントスに軍配!C・ロナウド弾でミランを撃破/スーペルコッパ・イタリアーナ
閉じる