ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

ボルシアMG、元仏代表テュラム氏の長男マルクスを獲得…エンボロに続く攻撃陣の補強

9:03 JST 2019/07/23
2019-06-27 Marcus Thuram
現U-21フランス代表FWと2023年までの契約を締結。

ボルシア・メンヒェングラットバッハ(ボルシアMG)は22日、ギャンガンからU-21フランス代表FWマルクス・テュラム(21)の獲得を発表した。契約は2023年までとなる。

142キャップとフランス代表歴代最多出場記録を保持するリリアン・テュラム氏の長男に当たるマルクスは、左ウィングを本職とするアタッカー。2017年にソショーからギャンガンに渡り、ここ2シーズン1部に所属していた同クラブでは公式戦72試合に出場し、17ゴールを記録した。

192センチと長身のマルクスだが、2部に降格したギャンガンを離れ、今夏にマルコ・ローゼ監督を招へいしたボルシアMGへ。新天地のマックス・エーベルSD(スポーツディレクター)はクラブの公式ウェブサイトで同選手の獲得について、「彼はスピーディーでありながら強健で、ゴールを脅かすアタッカー。我々は彼がうちのチームにフィットし、ブンデスリーガで活躍すると確信している」とコメントした。

なおドイツ誌『キッカー』によれば、ボルシアMGがギャンガンに支払った移籍金は900~1000万ユーロ(約10億9000万~12億1000万円)とのこと。シャルケから獲得したセンターフォワードのスイス代表FWブレール・エンボロに続く攻撃陣の補強である。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です