ボス監督、ドルトムントでの将来に疑いなし…かかる圧力も「もっと嫌なときを経験してきた」

コメント()
Getty Images
不調に陥り、勝利から見放されているドルトムント。しかし、ボス監督は将来に疑いを持つことはないという。

ドルトムントを率いるピーター・ボス監督は、難しい状況でも自身の将来を疑うことはない。

ドルトムントは現在、厳しい時期を過ごしている。ブンデスリーガで6試合勝利がないことに加え、先週末のシャルケ戦ではホームで4点をリードしながら、ドローに終わった。解任のうわさは絶えないものの、クラブからは続投の決断が下され、ボス監督は記者会見で「将来を信じている」と話し、こう続ける。

「もちろん勝たなければならない。それが今最も重要なことだ。うわさに惑わされることはない。慣れているし、何が起きうるかということもわかっている。ただ、(未来の話は)助けにはならない。邪魔になるだけだし、自分の仕事に集中している」

大きなプレッシャーがかかっている状況ではあるが、ボス監督は降格に瀕した状況のほうが難しかったと話す。

「もっと小さなクラブを指揮した経験がある。残留争いによるプレッシャーのほうがより嫌だった。クラブの中からかかる圧力だからね」

ドルトムントは次節、不調からの脱却を目指して12月2日にレヴァークーゼンと対戦する。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
重傷者が相次ぐアーセナル…エメリは今冬の補強を望む「1人か2人の選手を…」
次の記事:
“2年目の壁”が立ちはだかった伊藤達哉、巻き返しへ熱意…独地元紙「攻撃モードに入った」
次の記事:
ネイマールが右足を痛めて途中交代…トゥヘル「昨年の負傷と同じ右足だから心配」
次の記事:
セビージャがホームでバルセロナに2-0先勝…バルサの国王杯5連覇に黄信号/国王杯準々決勝
次の記事:
アグエロ弾でマンチェスター・Cが3部バートンに連勝…リーグカップ決勝進出/カラバオカップ準決勝
閉じる