ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

ボス右腕が明かすドルトムントでの失敗「自分の世界に生きる選手が何人もいた」

20:22 JST 2019/10/17
2017-10-21 Bosz Dortmund

レヴァークーゼンを率いるピーター・ボス監督の“右腕”として活動するアシスタントコーチ、ヘンドリー・クリューゼン氏が『Goal』の独占インタビューに応じ、過去の失敗を振り返った。

ボスとともに約20年を過ごしてきたクリューゼン氏。過去にはアヤックスでヨーロッパリーグ決勝進出など快挙も成し遂げた。功績が認められ、2017年にはドルトムントに招聘。開幕7試合で6勝1分けと好スタートを切ったものの、最終的には守備が崩壊し、ともにチームを追い出されることとなった。

2017年の時点でレヴァークーゼンからもオファーが届いていたが、当時はドルトムントを選択。クリューゼン氏は「今からも思えば、レヴァークーゼンを選ぶべきだった」と振り返っている。

「ドルトムント時代には、自分の世界に生きる選手が何人もいた。自分たちの望むようにやれると思い込んでいる選手があまりにも多ければ、コーチには何もやれることはないよね」

また、守備での崩壊についてはウカシュ・ピシュチェクの負傷離脱を挙げ、「ディフェンスに重点を置かなければいけなくなった。おそらく、夏の間に経験豊富な選手が欲しいと要求するべきだったのかもしれない」と話した。

一方で、現在はレヴァークーゼンを独自の攻撃的アプローチで率いており、チームは首位と勝ち点2差の7位。今シーズンも魅力的なスタイルを貫いている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です