ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

ホッフェンハイムMFノルトヴェイト、ホームシックにより今夏のノルウェー帰還を熱望

15:59 JST 2020/02/14
2020-02-14 Nordtveit HOFFENHEIM
これまでドイツのクラブで長らく活躍してきたノルウェー代表MFノルトヴェイトが、契約満了を前に故郷ノルウェーへの帰還を熱望していることを明かした。

ホッフェンハイムのノルウェー代表MFホーヴァル・ノルトヴェイトが、2022年の契約満了を待たずして今夏にも母国ノルウェーの古巣に帰還する意向であることを明かした。

ドイツメディア『SPIELFELD』を通じてノルトヴェイトは「このままホッフェンハイムに契約満了まで在籍したいけれど、故郷や家族から離れていて、限界が近づいている」と苦しい心境を明かしている。

「これまでフットボールで数多くのことを体験できて、僕は幸せだし誇りに思っている。もちろんフットボールプレーヤーとしての生活を送ってきたから、今の自分がある。だけど、ノルウェーに戻りたいんだよ。故郷のハウスゲンに復帰して、地元で恩返しがしたいんだ」

また、現役ノルウェー代表でもあるノルトヴェイトはEURO2020のプレーオフが控えている状況。パスCではセルビアと準決勝を戦い、勝ち上がった場合はスコットランドvsイスラエルの勝者と激突する。52キャップをマークしているノルトヴェイトは「代表チームとして、何としてもEURO本大会に出場したい。これは大きな夢なんだ。そして僕にとってノルウェーで大舞台を戦う最後のチャンスになる。これまで代表で9年間プレーしてきた。それにさよならを告げることになるだろう」と発言。EURO2020出場が叶った場合、同大会をもって代表から引退する意向であることも明かした。

1990年生まれ、現在29歳のノルトヴェイトは故郷のハウスゲンから、2007年にアーセナルの下部組織へ引き抜かれた。だがアーセナルではトップチームで出場機会がなく、サラマンカ、リレストロム、ニュルンベルクへのローンを経験。2011年からボルシアMGでプレーし、ここで主軸に定着。その後ウェスト・ハムを経て2017年夏からホッフェンハイムに籍を置いていた。2019年1月には半年間のレンタルでフラムに貸し出されている。

これまでイングランド、ドイツで活躍してきたノルトヴェイト。だが契約満了を前にして故郷ノルウェーへの帰還を明言するなど、ホームシックによるダメージは心に暗い影を落とす結果となっていたようだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です