ペレス会長、ケイン獲得を考えず...トッテナムは史上最高額を要求か

コメント()
Getty Images
2017年に入ってから好調を続けるイングランド代表FWへの興味をレアル・マドリーの会長が否定した。

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、トッテナムのストライカー、ハリー・ケインの獲得に興味はないと語っている。

トッテナムとイングランド代表でプレーするケインは2017年に入ってから40試合で45ゴールをマークするなど、驚愕のパフォーマンスを続けている。同選手の活躍はレアル・マドリーを惹きつけており、先日のチャンピオンズリーグでの直接対決の後、ペレス会長はトッテナムの幹部と話し合っていたと報じられていた。

しかし、ペレス会長は『カデナ・コペ』で「ハリー・ケインと契約を結ぶことを考えたことはない。彼は素晴らしい選手で、それに加えてまだまだ若く、今後数年に渡り成長できる。しかし、我々は(カリム・)ベンゼマやチーム全体に満足している」とイングランド代表ストライカーへの興味を否定。

続けて「私はトッテナムの会長に移籍金など尋ねていないが、彼はケインの価値は2億5000万ユーロ(約335億円)と言ってきた」と仮にケインの獲得に望むなら、今夏にバルセロナからパリ・サンジェルマンに移ったネイマールの移籍金を上回るだけの資金が必要になるようだ。

現在、チャンピオンズリーグのグループHでともに2勝1分けの勝ち点7としている両チームは、11月1日にウェンブリー・スタジアムで再び対戦する。

次の記事:
バルセロナ、レガネス戦負傷交代のデンベレは左足首のねん挫…離脱期間は約1週間
次の記事:
槙野智章が語るウズベク戦のポイント「リスペクトしすぎても良くない」
次の記事:
長友佑都が語る日本代表でしか味わえない「ホクホク感」とは?ウズベク戦は「今後のターニングポイント」
次の記事:
バルセロナ、7連勝で首位を快走!温存されていたメッシが途中出場から勝利に導く/リーガ第20節
次の記事:
白熱の上位対決はナポリに軍配!ユーヴェとの差を暫定6に…ラツィオは5位転落/セリエA
閉じる